筋トレダイエット戦略室

筋トレダイエットのブログです。一般的な知識(情報)だけでなく、僕自身の体験談なども踏まえて記事を書いていくことを心がけています。論理性に欠ける内容があった場合には、お気軽にご指摘いただければありがたく思います。

「月別: 2017年10月」の記事一覧

高タンパク質で低カロリーな食品は? おすすめできる食材や食べ物。

「筋トレダイエットの食事=鶏胸肉」ではありません。 もちろん約50円/100gで購入することのできる鶏胸肉は「究極の高タンパク質低カロリー食材」ではあるのですが、多少の脂質を許容できるのであれば選択肢は大幅に広がります。 […]

グルタミンの効果。コンディションを整えるためのアミノ酸サプリ。

グルタミンは、コンディションを整えるために効果的なアミノ酸です。 非必須アミノ酸ですので、本来は「必要に応じて体内で合成される」ものなのですが、肉体的、精神的に大きなストレスがかかった際にはグルタミンの合成が追い付かなく […]

脂肪酸の種類。飽和度(二重結合の有無)と炭素鎖の配列による違い。

脂肪酸は、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。 さらに不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、多価不飽和脂肪酸にはn-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸があります。 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 一価 […]

カロリー計算の方法。シンプルなやり方で継続できる方法を模索する。

一般的なカロリー計算には、電卓と食品成分表を用います。 料理ではなく食材の重さを量ることがポイントです。 食品成分表やネット上のカロリー表には、料理のカロリーが掲載されていることがあります。しかし、誤差が大きすぎるために […]

筋肉痛による体重増加の仕組み。筋トレ翌日に体重が増えるのは問題なし。

筋肉痛は、体重を増加させます。 体重増加の原因は、体内水分量の増加です。 頑張ってトレーニングしたにもかかわらず「翌日の体重が増えてしまう」のですから、ダイエット目的であれば筋トレに不信感を持ってしまっても不思議ではあり […]

治らない(長引く)筋肉痛。正しく対処しないと筋肉の質を落とす?

筋肉痛には、治りやすい筋肉痛と治りにくい筋肉痛があります。 これは、筋繊維が受けたダメージの大小によって、修復過程(修復されるメカニズム)に違いが生まれるためです。 補修可能な損傷:筋サテライト細胞が張り付くようにして補 […]

カフェインで脂肪燃焼? 間違えやすいカフェインのダイエット効果。

カフェインが(直接的に)脂肪を燃焼させることはありません。 カフェインのダイエット効果は、あくまで脂肪の分解です。 せっせとカフェインを摂取していても、活動量を増やして燃焼させなければ「脂肪組織として再合成されてしまう」 […]

有酸素運動で痩せない場合のチェック項目。基本に立ち返ることが吉。

有酸素運動は、唯一、脂肪を燃焼することのできる運動です。 大げさに感じられるかもしれませんが、どんなに運動強度の高いトレーニングをしていたとしても、有酸素運動なしで脂肪が燃焼されることはありません。 「有酸素運動をしなく […]

コラーゲンの経口摂取には意味がある。食べ物から摂取するメリット。

コラーゲンの経口摂取には意味があります。 「タンパク質であるコラーゲンを摂取しても、アミノ酸まで分解されてから吸収されることになるので意味がない」という意見もありますが、「コラーゲンを摂取することに意味がある」という研究 […]

食事制限なしの筋トレダイエット。不可能ではないがとても非効率な方法。

食事制限なしの筋トレダイエットは、非効率な方法です。 筋トレダイエットとは、筋トレによって筋量を維持しつつ(もしくは増やしつつ)、食事制限(カロリー制限やPFCバランスの変化など)によってエネルギー収支のマイナスをつくり […]

腹筋が割れない原因を絞り込む。根本的な原因を突き止めることが先決。

腹筋が割れない原因には個人差があります。 「闇雲に腹筋運動を続ければいい」という問題ではありません。 頑張っているのに腹筋が割れないということは、「腹筋を割るための条件を満たせていない」ということであり、間違ったアプロー […]

なぜダイエットで停滞期が起こるか? 脂肪が落ちなくなる仕組み。

ダイエットでは停滞期が起こります。 正しいダイエット方法を実践していたとしても、ダイエット幅が大きければ大きいほど停滞期に悩まされるリスクは高まります。 停滞期の(主要な)原因は、以下の3点です。 体重減少 ホルモン分泌 […]

筋トレダイエットでもリバウンドはする。主な原因と解決策。

リバウンドしないダイエット方法はありません。 筋トレは、リバウンドしにくいダイエット方法です。 しかし、太るのか? 痩せるのか? を決めるのはエネルギー収支が全てですので、エネルギー収支がプラスに傾けば太りますし、マイナ […]

筋トレをしても筋肉は引き締まらない。引き締め効果は錯覚によるもの。

筋トレをしても筋肉が引き締まることはありません。 「反復回数が30回前後になるような負荷でトレーニングをすると筋肉が引き締まる」という話を聞くことがありますが、確実に間違った情報です。 また、筋肉の性質に男女差はありませ […]

有酸素運動は筋トレ後。順番によって変化するトレーニング効果。

有酸素運動は、筋トレ後に実施することがポイントです。 筋トレの前に本格的な有酸素運動を実施してしまうと、筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動、どちらのトレーニング効果も不完全なものになってしまいます。 ウォームアップのための […]

マッスルメモリーの仕組み。過去の筋トレ経験は無駄にはならない。

過去の筋トレ経験は、無駄にはなりません。 筋肉は与えれれた負荷に応じて成長(筋肥大)します。 当然、筋トレを止めてしまえば萎縮してしまうことになるのですが、一度鍛えられた筋肉は「トレーニングを再開すれば元に戻りやすい」と […]