筋トレダイエット戦略室

筋トレダイエットの「なぜ?」を解決するための個人的なブログです。

変わりたいなら見た目から。筋トレからはじめて徐々にステップアップ。

「変わりたい」 ・・・のであれば、筋トレをはじめることをおすすめします。 変わるためには、見た目を変えることが有効です。 見た目を変える手段としては、「筋トレ(ダイエット)」「スキンケア」「ファッション」などがありますが […]

プッシュアップバーの効果と使い方。腕立て伏せの必須アイテムかも?

腕立て伏せには、プッシュアップバーをおすすめします。 普通の腕立て伏せとプッシュアップバーを使用した腕立て伏せとでは、トレーニング効果(負荷)が大きく異なります。 雑誌などを重ねて代用することも可能ですが、1000円ほど […]

ストレッチの効果はメリットが大きい。ただ、やりすぎには要注意。

ストレッチは、筋肉を伸ばします。 筋肉を伸ばして柔軟性を向上させることで、「関節の稼働域を広げる」「血液循環が良くなり酸素や栄養素が行き渡りやすくなる」などのメリットがあります。 しかし、柔らかければ柔らかいほどメリット […]

筋トレに適した時間帯。パフォーマンスを発揮しやすいのはいつか?

筋トレには、適した時間帯があります。 これはトレーニングパフォーマンスに「体温」や「体内時計」の影響力が及ぶためであり、時間帯によりトレーニング強度が変化してしまう可能性があります。 しかし、必ずしも時間帯厳守というわけ […]

唇が乾燥しやすい原因。角質層の薄い唇は想像以上にデリケート?

唇が乾燥しやすい原因は、唇の構造が関係しています。 唇の角質層は非常に薄く、ささいな外部刺激や体調の変化などで肌の保湿成分が不足してしまいやすいという特徴を持ちます。 また、唇を舐める、唇を過度に触ってしまうなどの「癖」 […]

筋トレのセット間インターバル。絶対的な正解はないが目安はある。

筋トレのインターバルは、1~3分をおすすめします。 インターバルに絶対的な正解はありません。 短いインターバルと長いインターバルには「それぞれにメリットとデメリットがあります」ので、一概に「何分でなければいけない」という […]

筋肉のつきやすい体質とつきにくい体質。遺伝的要因とは何なのか?

筋肉のつきやすさは、遺伝によって左右されます。 もちろん、「素質がなければ筋肉をつけられない」というわけではありませんが、「素質がある人に比べて時間がかかる」というのは事実です。 これは、筋肉のつきやすさに関連する条件の […]

懸垂のやり方(フォーム)とコツ。主動筋である広背筋への意識。

懸垂(チンニング)のやり方を説明します。 懸垂は、運動強度の高いトレーニング種目です。 強度が高いが故、「狙った部位(広背筋)に効きにくい」「関節を痛めてしまう」などのリスクを伴いやすい種目でもあります。 特に過体重であ […]

ダイエットに効果的な運動の種類は? 有酸素運動、筋トレ、ストレッチ。

ダイエットには運動が必要です。 運動をしなければスムーズに体脂肪を減らすことができませんし、体脂肪以上に除脂肪体重を減らしてしまうことにもなりかねません。 しかし、「運動なら何でも良いのか?」といえばそんなことはなく、運 […]

筋トレのセット数は? 「8~12回3セット」がセオリーである理由。

筋肥大目的の筋トレには、3セット(以上)というセオリーがあります。 必ずしも「3セット以下では効果がない」というわけではありませんが、トレーニング効果を最大限に享受するためには、複数のセット数であることがポイントです。 […]

ダイエット中でも朝ごはんは抜かない。朝食のメリットを知るべき。

ダイエット中であっても、朝ごはんは食べてください。 筋トレダイエットのように「筋量を維持しつつ体脂肪だけを減らしていくダイエット」では、朝ごはんのメリットが大きくなります。 これは、筋肉を減らさないためには「カタボリック […]

ダンベルプレスのやり方(フォーム)。はじめに意識すべきポイント。

ダンベルプレスのやり方を説明します。 ダンベルプレスは大胸筋のトレーニング種目です。 20kg、25kg、30kgなど・・・厚い胸板への憧れや、重量のクリアを目標にしやすいことなどからも人気種目のひとつになっています。 […]

筋肉をつけるために太るべきか? 「太る」という言葉の二面性に注意。

筋肉をつけるために太るべきか? ・・・に関しては、体重を増やしながら筋トレをした方が効率的に筋肉がつきやすい一方、必ずしも「太らなければいけない」というわけではありません。 そもそも、筋トレの目的は人それぞれです。 痩せ […]

筋トレを毎日やる効果(メリット)は? 代謝環境の向上にはおすすめ。

筋トレには、代謝を向上させる効果があります。 この効果は「トレーニング後6~48時間ほど持続する」と考えられており、ダイエット中(減量中)であれば上手に活用していきたいところです。 しかし、一言に「筋トレは毎日(高頻度で […]

筋トレ初心者の自重トレーニングメニュー。基本に忠実であること。

これから自重トレーニングをはじめるのであれば、「スクワット」「プッシュアップ(腕立て伏せ)」「チンニング(懸垂)」という基本的な3種目をおすすめします。 スクワット:下半身全般 プッシュアップ:上半身前面 チンニング:上 […]