体脂肪率20パーセント時点での記録画像です。

筋トレを止めてからというもの、暴飲暴食を繰り返してきました。
日に日に腹筋のカットは消えていき、スラックスの腹周りがキツくなっていきます・・・。デブであることを自覚しはじめたのは、体脂肪率が20パーセントの大台に乗った頃でした。

自分自身への戒めのためにも、体脂肪率20パーセント時点での詳細データを記録しておきます。

今回の体脂肪率20パーセントをスタート地点として、随時、カラダの変化を報告していきます。自宅でのダンベルトレーニングという限られた条件でのトレーニングですが、何らかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

見た目

御覧の通り、体脂肪率20パーセントは肥満です。

痩せるためには時間がかかるように、太るためにも時間がかかります。
しかし、僕は痩せることに比べると「努力しなくても太れる体質」であるため、気づいたときには体脂肪率20パーセントに到達してしまっていました。

半年もかからずに、体脂肪率は約5パーセントも増えてしまっていたのです・・・。

正面からの画像です。

側面からの画像です。

後面からの画像です。

太ってきていることは自覚していました。
しかし、ここまで酷い状態であるとは想定しておらず、撮影した画像を確認して「はじめて事の重大さに気づかされた」ような気分です。

お腹周りの皮下脂肪などは、酷い有様ですよね・・・。

詳細データ

詳細データとして、身長、体重、体脂肪率、ウエストサイズを記録していきます。正直、体脂肪率の数値に関しては眉唾物です。数値的な比較というよりは、変化量での比較を考えています。

  • 身長:173cm
  • 体重:72.3kg
  • 体脂肪率:20.3%
  • ウエスト:93cm

身長173cmでの平均体重は約65kgです。数値の上でも確実に肥満体型であると判断できます。筋量のあるスポーツマン体型であれば許容される体重ではあるのですが、残念ながら僕のカラダはお世辞にも筋肉量が多いとはいえない状況です。

まとめ

本日より、筋トレダイエットを再スタートさせます。
コンテストに出場できるような”憧れられる体型”を目指しているわけではありませんが、いつでも脱げる、脱いでも恥ずかしくない体型を目指しています。

このブログでは、僕自身が肉体改造のために調べ、実施したことを事細かに記録していきます。人に教えられるような立場ではありませんが、中年男性であっても「カラダは変えられる」というところをお見せできればと考えています。

お付き合いいただければ幸いです。

体脂肪率19パーセントでの記録画像です。 筋トレを再開して、約1ヶ月が経過しました。 食事制限(カロリー制限)をしていないため、目を見張るような体重減少は確認できません。・