筋トレは、時間帯によっても効果が変わります。
これは、筋肉のパフォーマンスを最大限に発揮させるためには、体内時計に応じた最適な時間帯である必要がるためです。

しかし、必ずしも時間帯厳守というわけでもありません。
体内時計は個々のライフスタイルに依存しますので、トレーニングを実施する時間を固定することによって、徐々に体内時計も変化していくことになります。

多少、ややこしい話にはなるのですが、以下、パフォーマンスとトレーニングの時間帯について解説していきます。

スポンサーリンク

夕方のトレーニングが理想?

筋肉のパフォーマンスがもっとも向上するのは、夕方です。

人間の身体には体内時計があり、(生活サイクルに応じて)体温、ホルモン分泌、睡眠、摂食サイクルなどが管理されています。言い換えれば、体内時計によって運動能力にも変化がもたらされていることになります。

これには、体温(筋温)が深く関与しています。

多くの研究者は、1日の間に約1度の幅で推移する体温が、時間帯によるパフォーマンスの違いを生み出している主な要員であると考えています。中核体温(環境の温度に影響されない内蔵などの深部体温)が上がることによって、筋肉が弛緩し、代謝反応や神経信号の伝達は速くなります。

引用元:アレックス・ハッチンソン[著]『良いトレーニング、無駄なトレーニング』P116より

体温が高くなれば、トレーニングの質も向上します。

このことからも、一般的な睡眠リズムを持つ人の場合、「体温が高くなる午後6時前後のトレーニングがもっとも効率的(高いパフォーマンスを発揮できる時間帯)」であるということになります。

時間帯を固定するメリット

時間帯を固定することによって、その時間帯の筋力発揮能力が高まります。

セオリーとしては、夕方のトレーニングがもっとも効果的です。
しかし、トレーニングを実施する時間帯を固定することによって、夕方以外の時間帯でも筋力発揮能力を最大限に高めることが可能となることが確認されています。

普段トレーニングを行っていなかった人は、朝よりも夕方の方が筋力発揮能力が高く、朝トレーニングを行っていた人は、朝の筋発揮能力が高まり、夕方トレーニングを行っていた人も夕方の筋力発揮能力が高まりました。

引用元:比嘉一雄[著]『痩せる筋トレ痩せない筋トレ』P108より

普通の生活していれば、夕方に筋温が高まるのが一般的です。
しかし、早朝のトレーニングを継続している場合では、早朝にも筋温が高まるようになりますので筋発揮能力のピークが(1日に)2度訪れるようになります。

このことからも、「筋トレはいつやればいいの?」という疑問は、あまり意味のない問題だということが分かります。・・・可能であれば夕方、不可であれば(可能な限り)時間帯を固定することがポイントになります。

まとめ

筋トレは、夕方6時がもっとも効果的です。
しかし、トレーニングの時間帯を固定することによって、夕方以外の時間帯でも最大限まで筋力発揮能力を高めることが可能となります。

「(長期的にみれば)いつやっても同じ」・・・ということです。

しかし、時間帯によるパフォーマンスの変化は「深部体温」が深く関係していることだけは知っておく必要があります。重要なのは細かな時間設定ではなく、「身体が芯から温まっているのか?」ということなのです。