変わりたいなら見た目から。筋トレからはじめて徐々にステップアップ。

「変わりたい」
・・・のであれば、筋トレをはじめることをおすすめします。

変わるためには、見た目を変えることが有効です。

見た目を変える手段としては、「筋トレ(ダイエット)」「スキンケア」「ファッション」などがありますが、優先順位としては「①筋トレ(ダイエット)」「②スキンケア」「③ファッション」だと考えています。

  1. 筋トレ(ダイエット)
  2. スキンケア
  3. ファッション

以下、変わるためには筋トレからはじめるべき理由を説明していきます。

見た目の効果は侮れない

見た目(第一印象)は、重要です。
「内面から生まれる美しさ」を否定するつもりはありませんが、見た目が変わることで自分の行動だけではなく他人からの扱いも変わります。

特に清潔感というのは、年齢とともに失われてくものです。

当然、ここで言う清潔感とは、物理的な「清潔・不潔」という問題ではなく、印象としての「清潔・不潔」ということを指します。・・・具体的には、生理的に受け付けるかどうか? という問題です。

幸い、見た目(ボディメイク、スキンケア、ファッション)というのは、ロジックに従って実行すれば確実に効果を得ることのできるジャンルです。

やらない理由がありませんよね?

究極のファッションは肉体?

ファッション(特にメンズファッション)は、ボトムスからそろえる必要があります。

トップスを変えれば印象は大きく変化しますが、ボトムスが合っていないとファッションの難易度は高くなります。・・・このことからも、ファッションはボトムスからそろえていくことがポイントです。

しかし、今現在のカラダに満足できていないのであれば、シビアなサイズ(シルエット)選びがポイントとなるボトムスをそろえることはできませんよね?

ファッションを楽しむためにも、適度なカラダづくりは必要不可欠なのです。

スキンケアよりも食事

食事管理がうまくいくと、肌は格段にきれいになります。

基本的に、スキンケアは対処法でしかありません。
乾燥が気になるなら保湿効果のある基礎化粧品(セラミドなど)を使い、肌荒れが気になるのであれば消炎効果のある基礎化粧品(アラントインなど)を使いますよね?

筋トレは、食事管理と休息(睡眠など)がセットです。
多くの場合、筋トレ(ボディメイク)をはじめることによって肌トラブルが起きにくくなったり、肌のターンオーバーが正常化したりします。

また、筋トレによって分泌が促される成長ホルモンの好影響もあります。

スキンケアはあくまで補助であり、ベース(土台)となるのは食事管理と適度な運動習慣だということを忘れてはいけません。

まとめ

少しでも「変わりたい」と考えているのであれば、「ボディメイク、スキンケア、ファッション」に取り組むべきです。見た目の影響力は想像以上に大きなものですので、努力以上のメリットがあります。

そして、最初にはじめるべきは筋トレ(ボディメイク)です。
正しい運動習慣と食事管理は、肌トラブルを防ぎ、成長ホルモンの作用によって肌のキメが整ったり保水力が高まったりもします。

ファッションからはじめるのも悪くはありませんが、多少でも今のカラダに不満があるのであれば、ファッションよりもボディメイクを優先させるべきです。・・・せっかく服を購入するのですから、狙ったサイズ(シルエット)を崩したくはありませんよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。