化粧水だけだと逆に乾燥する? 化粧水だけでは不十分である理由。

化粧水の保湿効果は微々たるものです。
男性の場合、洗顔後は化粧水だけ(または化粧水と乳液だけ)を使って、美容液を使わない方も少なくありません。

しかし、乾燥が気になっているのであれば美容液が必要です。

基礎化粧品には、それぞれの役割があります。
もし、化粧水に乾燥肌を改善するほどの保湿効果を求めているのであれば、考えを改める必要があります。

化粧水だけでの保湿には限界があるのです。

【補足】化粧水と乳液(またはクリーム)だけで乾燥が気にならなくなるのであれば、(保湿目的の)美容液は必要ありません。・・・あくまで、悩みを改善するには美容液が必要だということです。

スポンサーリンク

化粧水が水分を奪う?

化粧水は、蒸発する際に保湿因子を奪ってしまうリスクがあります。
本来「肌に潤いを与えてその潤いを保つための製品」ではありますが、水分が蒸発する際に既存の保湿成分まで減らしてしまう可能性があるのです。

化粧水の目的は、美容液や乳液(またはクリーム)のなじみをよくするため(ブースター効果のため)だと考えた方が賢明です。

化粧水の保湿成分では不十分

そもそも、化粧水に含まれている保湿成分は極微量です。

パッケージに「セラミド配合」や「ヒアルロン酸配合」などと記載されていたとしても、「悩みを解消できるほどの配合量ではない」・・・ということを知っておく必要があります。

同じラインの基礎化粧品であっても、化粧水と美容液には大きな価格差がありますよね? ・・・セラミドなどの保湿成分はとても高価であるため、有効量を配合した美容液が高額になってしまうことは当然の結果なのです。

化粧水の役割

基礎化粧品の主役は、あくまで美容液です。
極論になってしまうのですが、化粧水の保湿力はきわめて弱いものです。・・・一時的に潤ったように感じたとしても根本的な改善にはつながりません。

化粧水は、美容液や乳液(またはクリーム)のなじみをよくします。

化粧水自体で保湿するという考え方ではなく、美容液をしっかりなじませるために化粧水を使用するという考え方を持つことがポイントになります。

まとめ

化粧水で乾燥が改善されないのは、当然の結果です。
そもそも化粧水に含まれている保湿成分(セラミドやヒアルロン酸など)では保湿効果が不十分ですし、場合によっては天然の保湿因子を奪ってしまうリスクすらあります。

悩みを解決するのは、あくまで美容液です。

悩みの改善(この場合は乾燥肌の改善)を目指しているのであれば、化粧水よりも美容液に注目してください。保湿成分が含まれている美容液を使用すれば、冷暖房の効いた部屋でも乾燥に悩まされることはなくなるはずです。