肌のターンオーバーとは? スキンケアによって肌サイクルは変化する。

肌細胞にはターンオーバーと呼ばれるリズムがあります。
ターンオーバーとは表皮が新しい細胞に入れ替わっていくことであり、基底層で生まれた各化細胞が肌表面からはがれ落ちるまでのサイクルを指します。

通常、28日間周期になることが最適だと考えられています。

ターンオーバーは早すぎても遅すぎても良くなく、遅すぎれば「キメが粗く、くすんだ肌」になり、早すぎれば「外的刺激に弱い、トラブルの起きやすい肌」になってしまうリスクがあります。

以下、肌のターンオーバーに関する詳細を記載していきます。

肌の仕組み

肌には、大きく表皮と真皮があります。
ターンオーバーとは、表皮と真皮の間にある基底層で生まれた各化細胞(ケラチノサイト)が古い角質としてはがれ落ちるまでのサイクルのことを指します。

基底層で生まれた細胞は、新しく生まれた各化細胞に押し出されるようにして「有刺細胞(有刺層)→顆粒細胞(顆粒層)→角質層」と変化していき、保湿因子や細胞間脂質を生成して肌の潤いを保ちます。

角層まで押し上げられた細胞は皮膚を保護するために働き、最終的には垢としてはがれ落ちることになります。

正常なターンオーバー

ターンオーバーは、適切なサイクルであることがポイントです。

表皮の主な役割は「バリア機能」です。
表皮が健全であると「紫外線によるダメージ」「細菌やウイルスの侵入」「大気汚染によるアレルギー反応」などを防ぐことにつながります。

しかし、「加齢、紫外線によるダメージ、ホルモンバランスの影響など」によって、(何もしなければ)ターンオーバーのサイクルが遅れてくることは避けられません・・・。

  • 10代:約20日間
  • 20代:約28日間(目指すべきはココ!)
  • 30代:約40日間
  • 40代:約45日間
  • 50代:約55日間

多少大げさに感じられるかもしれませんが、正しいスキンケアとは「ターンオーバーを理想的な周期に近づけること」と言い換えることもできます。

ターンオーバーが遅いと?

ターンオーバーの周期が長くなると、「水分保持力が落ちて肌がカサカサになる」「バリア機能が落ちて肌トラブルが起こりやすくなる」「メラニンを含んだ古い角質が残ることで肌がくすむようになる」などのデメリットが生じます。

  • 乾燥肌に悩まされるようになる。
  • アレルギー反応が起こりやすくなる。
  • 肌の透明感がなくなる。

加齢とともに乾燥やくすみに悩まされるようになっていくのは、ターンオーバーの周期が長くなることが一因となっているのです。

ターンオーバーが早いと?

早すぎるターンオーバーは、避けなければなりません。

加齢とともに遅くなっていくターンオーバーを早めるために、AHA(水溶性)やBHA(脂溶性)などのピーリング化粧品を使用することが推奨されています。・・・もちろんピーリング化粧品自体は正しい選択です。

しかし、やりすぎには注意する必要があります。

ターンオーバーが早すぎると未熟な細胞が表面に出てきてしまうことになりますので、「バリア機能が不十分なものになり、紫外線などの外的刺激の影響を受けやすい肌」になってしまいます。

よかれと思って実施したスキンケアによって、肌トラブルの起きやすい敏感肌のような状態をつくり出してしまう可能性があるのです・・・。

まとめ

肌のターンオーバーとは、基底層で生まれた各化細胞(ケラチノサイト)が古い角質としてはがれ落ちるまでのサイクルのことを指します。

ターンオーバーのサイクルは28日間前後が理想であり、遅すぎれば「キメが粗く、くすみがちな肌」になり、早すぎれば「外的刺激に弱く、トラブルの起きやすい肌」になってしまいます・・・。

これらのことからも、健康な肌を維持するためのスキンケアは「ターンオーバーをコントロールする(理想的なターンオーバーの周期に近づける)」ような意識を持つことがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。