しっとりタイプの洗顔料には注意が必要。洗顔と保湿は相反する作用。

しっとりタイプの洗顔料はおすすめできません。

そもそも、洗顔料で保湿することはきません。
「乾燥肌=しっとりタイプの洗顔料」・・・と誤解されている方も少なくありませんが、「洗顔料では保湿できない」という事実を知ってください。

洗顔と保湿は、分けて考えなければいけません。
「洗顔=落とす」「基礎化粧品=補う」と考えた方が合理的ですし、各種成分との相性や肌トラブルの原因を把握しやすくなるというメリットもあります。

洗顔料の目的

洗顔料の目的は、”落とす”ことです。
汚れ(ホコリや古くなった皮脂など)を落とすことが目的ですので、当然、肌の保湿成分は減ることはあっても増えることはありません。

「落とす」と「補う」は、両立できないのです。

また、(しっとりタイプの洗顔料には)いつまでもヌルヌルしていて洗い流すのに時間がかかるものが多いため、「肌の保湿因子が必要以上に流されてしまいやすい」というデメリットもあります。

しっとりの正体

しっとりの正体は、油分です。
しっとりタイプの洗顔料は「肌に優しい」ように感じられるかもしれませんが、その正体は油分であり保湿成分ではありません・・・。

洗顔料のタイプにより、含まれている油分量は大きく違います。

  • しっとりタイプの洗顔料:約30パーセント
  • シンプルな固形石鹸:約5パーセント

シンプルな固形石鹸を使用すると、洗顔後、肌がつっぱるかと思います。
しかし、失った保湿因子は基礎化粧品(セラミドなどの保湿化粧品)で補えばよいだけの話ですので、何の問題もありません。

むしろ、洗顔料の油分が刺激となるケースの方が圧倒的に多いのです。

まとめ

しっとりタイプの洗顔料はおすすめできません。
洗顔後につっぱらない洗顔料は「肌に優しい」「保湿因子を奪わない」と勘違いしてしまいがちですが、「油分で誤魔化しているにすぎない」という現実があります。

油分で保湿することはできないのです。

基本的に、洗顔と保湿は分けて考えるべきです。
洗顔料は「ホコリなどの汚れや余分な皮脂を落とすもの」であり、基礎化粧品は「必要な保湿成分や油分を補うもの」です。

「落とす」と「補う」が、相反する作用であることを忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。