ルイボスティーの効果・効能。抗酸化力の強いフラボノイドがポイント。

ルイボスティーは、健康や美容に効果的なお茶です。
具体的な効果(効能)には、「細胞が活性化する」「活性酸素が関与する病気や肌トラブルを予防できる」「アレルギー反応の軽減」などがあります。

  • 細胞の活性化
  • 活性酸素が関与するトラブルの予防
  • 抗アレルギー性

これらは、ルイボスが有しているフラボノイド(植物に広く含まれているポリフェノール成分の大分類)とミネラルの作用によるものであり、継続的に摂取することが有効であることからも、お茶として飲むことが推奨されています。

以下、各項目に関する詳細を記載していきます。

細胞の活性化

ルイボスティーには、細胞を活性化させる効果があります。
ルイボスには豊富なミネラルが含まれており、下記のミネラルの作用によって「細胞が活性化する」「身体の機能を正常に保つ」などにつながります。

  • リン
  • カルシウム
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム

特に注目して欲しいのが、リンとカルシウムです。
ルイボスに含まれているリンとカルシウムのミネラルバランスは、理想的とされている1:1の割合であるという特徴を持ちます。

ルイボスは、ミネラルバランスが優秀なのです。

強い抗酸化力

ルイボスティーには、強い抗酸化力があります。

ルイボスの栽培環境は、過酷です。
「昼夜の温度差が大きく、強い紫外線にさらされる」という生育環境であるため、自衛のために強い抗酸化力を持つことになります。

ルイボスは、緑黄色野菜の数倍から数十倍もの抗酸化力を持つのです。

  • 抗酸化酵素(SOD)の活性化
  • 活性酸素の除去(スカベンジ作用)

これらの作用によって活性酸素が関与している病気(動脈硬化、高脂血症など)の予防につながります。・・・また、細胞の老化を遅らせることになりますので、シミやシワといった肌トラブルにも効果があります。

健康や美肌につながりやすいお茶であるということです。

抗アレルギー性

ルイボスティーには、抗アレルギー性があります。

アレルギー症状に対してどのようにルイボスが働いているのか? ・・・ということは解明されてはいませんが、「便秘やアトピー性皮膚炎を改善する作用がある」ことは数多くの研究によって確認されています。

  • 抗酸化力の強いフラボノイド
  • 豊富なミネラル

その他、口内炎や歯周病(それに伴う口臭)などにも効果があるとされていることからも、「抗酸化力の強いフラボノイド」と「豊富なミネラル」が細胞の炎症を抑制していることは確実だと考えられています。

総合的に考えても、摂取するメリットの大きなお茶です。

まとめ

ルイボスティーには、様々なメリットがあります。
具体的には、「細胞の活性化」「活性酸素が関与する病気や肌荒れ予防」「抗アレルギー性」などの作用です。

これらは、ルイボスの持つ「豊富なミネラル」と「強い抗酸化力」によるものだと考えられており、1日500mlほどが理想的な摂取量だとされています。

また、カフェインが含まれていません。
カフェインが含まれていませんので、睡眠の質を落とす心配がありませんし、カフェインによる血管の収縮などの心配もありません。

健康や美容のためには、とても効果的なお茶なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。