腹筋の割れ方にズレや数の違いがある理由。左右非対称な形は治せる?

腹筋の形や割れ方は、遺伝によって決められています。

ダイエットが進むと、腹筋が浮き出てきます。
しかし、はじめて自分の腹筋を目にする人の中には「イメージしていた形ではない」「左右非対称にズレている」「6パックにならない」などの不満を持つ人も少なくありません。

僕自身、その中の一人です。
画像を確認してもらえばわかるかと思いますが、僕の腹筋には「左右の腱画がズレている」「シックスパックではなくフォーパックになる」という特徴があります。

残念ながら、腹筋の形を治すことはできません。

スポンサーリンク

腹筋の割れ方にズレや形状の違いが生じる理由

腹筋の形は、遺伝によって決まると考えられています。

一般的に、腹筋と言えばお腹の中央にある腹直筋を指します。
腹直筋は胸骨から恥骨までつながっている筋肉で、筋繊維を腱が分断するように節状になっていることから「多腹筋」とも呼ばれています。

腹筋の割れ方には個人差があります。
平均的には「縦に4つに割れていて、上の3つは短めで一番下の筋肉はおへそのあたりから長く伸びている」のが多数派です。

おへその上の3ブロックが、シックスパックの正体です。
僕の腹筋のように3つに割れている場合にはフォーパックになりますし、5つに割れている場合にはエイトパックになります。

これらの違いは、遺伝的な違いです。

また、不思議なことに、腹直筋は人によって割れ方が違うのです。数が違っている人がいたり、左右のブロックがズレていたりする。明確な理由はわかりませんが、おそらくことは遺伝的な問題でしょう。

トレーニング方法は無関係です。
間違ったトレーニングフォームによってズレてしまうというわけではなく、生まれ持った個性ですので悩んでも仕方がありません。

気にしないのがいちばんです。

腹筋の形を治せる可能性はあるのか?

基本的に、腹筋の形を変えることはできません。

しかし、遺伝的要因がすべてではないという意見もあります。
腹直筋の割れ方に左右さが生じるのは「腹横筋や内腹斜筋の左右差によるもの」だという意見であり、多少の修正であれば可能であることが示唆されています。

この左右差というのは、実は腹横筋・内腹斜筋の左右差によるものだと考えられます。[中略]よって、この引き込み作用に左右差が生じると、左右の腹直筋の収縮に左右差が生じ、それぞれの腱画の形が変わるという現象になると考えられます。

ポイントは2点です。

  • 腹横筋や内腹斜筋の左右差をなくすこと
  • しっかりとお腹を引き込むことを意識すること

確実に治せるとは言えません。
しかし、多少の修正であれば可能性はありますので、日常的に意識してみる価値は十分にあるかと思われます。

腹筋の筋肉量(ボリューム)による補正は可能

筋肉量による左右差や上下差は、改善することができます。

腹直筋に限らず、筋肉には少なからず左右差や上下差ができます。
「上部だけが発達している」「下部だけが発達している」「左右の筋肉量(ボリューム)が違う」などの違いは珍しくないことです。

バランスよく鍛えることがポイントです。
クランチばかりしていれば上部が発達しやすくなりますし、レッグレイズばかりしていれば下部が発達しやすくなります。

また、腹斜筋のトレーニングでは「弱い方に合わせる」ことがポイントであったりもします。

まとめ

腹筋の形状は、遺伝的なものだと考えられています。
しかし、腹横筋や内腹斜筋の左右差が影響している可能性もありますので、左右差をつくらないように意識することも大切です。

いずれにしても、深く悩まないことをおすすめします。