炭水化物は、炭素、水素、酸素の3元素からなる有機化合物です。
ヒトの消化酵素で消化されるものが糖質、消化されないものが食物繊維です。糖質と食物繊維を合わせて炭水化物と呼びます。

  • 炭水化物
    • 単糖類
    • 少糖類
    • 多糖類

糖質の最小単位は、単糖です。
単糖の結合数によって、単糖類、少糖類、多糖類に分けられ、ヒトへの働きもそれぞれ特有のものがあります。

以下、3項目の詳細について説明していきます。

スポンサーリンク

単糖類

1個の糖からなるものを単糖といいます。

  • 単糖類
    • ブドウ糖(グルコース)
    • 果糖(フルクトース)
    • ガラクトース

穀物や果物に多く含まれるブドウ糖、果汁に多く含まれる果糖、乳糖の構成成分であるガラクトースなどがあります。

少糖類(二糖類、オリゴ糖)

単糖が2~10個結合したものを少糖類と呼びます。

  • 少糖類(二糖類、オリゴ糖)
    • ショ糖(スクロース)
    • 麦芽糖(マルトース)
    • 乳糖(ラクトース)
    • オリゴ糖

ブドウ糖と果糖が結合した二糖類がショ糖、ブドウ糖が2分子結合した二糖類が麦芽糖、ブドウ糖とガラクトースが結合した二糖類が乳糖です。

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖類が3~10個ほどつながった構造をしています。胃や小腸で消化されにくい「難消化性の糖」であるため、大腸内で腸内細菌によって代謝されます。

多糖類

単糖が多数結合した高分子化合物を、多糖類と呼びます。

  • 多糖類
    • デンプン
    • グリコーゲン
    • 食物繊維(難消化性多糖類)

ブドウ糖が多数結合した植物性の多糖類がデンプン、ブドウ糖が多数結合した動物性の多糖類がグリコーゲン、ヒトの消化酵素では分解できない難消化性多糖類が食物繊維です。

まとめ

炭水化物とは、糖質と食物繊維を総称したものです。
単糖の結合数の違いにより、単糖類、少糖類、多糖類の3つに分けることができ、結合数によって体内での働きが変わってきます。

オリゴ糖や食物繊維(難消化性多糖類)などはヒトの消化酵素で消化することができない(消化に時間がかかる)ため、大腸に到達することができ、腸内細菌(有益菌)によって代謝されます。

結合数が少ないほど吸収が早く、「血糖値を上げやすい」という特徴があります。