GUのダービーシューズ。おすすめできる人とできない人の違い。

GUのダービーシューズはおすすめできます。

基本的に、シンプルな革靴には投資するべきです。
しかし、はじめて(私服に)革靴を合わせるのは勇気がいるものですし、フォルムやデザインなどの選択には頭を悩ませるはずです。

そこで役立つのが、GUのダービーシューズです。

シンプルな革靴は合わせやすい

シンプルな革靴は、とにかく便利です。
装飾のないシンプルなプレーントゥの革靴は、さほど気を使わなくても「スタイルがきれいにみえる」「上品にまとまってみえる」などのメリットが得られます。

シンプルな革靴は、早い段階で手に入れておくべきです。

しかし、注意点もあります。
それが、「存在感のないシンプルな革靴を選ぶこと」「装飾のないプレーントゥを選ぶこと」「質の良い革靴を選ぶこと」です。

  • シンプルな革靴
  • プレーントゥの革靴
  • 合皮でない革靴

GUのダービーシューズは、合皮です。
この点は大きな問題ではあるのですが、少なくとも「シンプルな革靴」であることと「装飾のないプレーントゥの革靴」であることは条件を満たしています。

フォルムやデザインの問題

革靴には、多種多様なフォルムやデザインがあります。

ここが難しいポイントです。
尖ったトゥや細すぎるフォルムの革靴では「キメすぎていて下品な印象」になりますし、丸すぎるフォルムの革靴では「カジュアルによりすぎていて幼い印象」になります。

ここに、はじめて(私服に)革靴を合わせる際の難しさがあります。

そこでGUダービーシューズの出番です。
適度にトレンドを取り入れつつもベーシックなフォルムの革靴を試してみることで、本格的な革靴を購入する際の指標とすることができます。

フォルムなどの経験を積むためには、GUのダービーシューズがおすすめです。

合皮でもやれることは多い

GUのダービーシューズは、合皮です。

合皮(合成皮革)ですので、手入れの経験は積めません。
しかし、合皮であっても「ワックスを使って光沢を出す(トゥを鏡面仕上げにする)」などの手入れをすることはできます。

トゥの光沢は、好みが分かれます。
好みの分かれる問題であるからこそ、実際に試して「理想的な光沢感」をみつけておくことが重要であったりもします。

まとめ

GUのダービーシューズはおすすめできます。
もちろん、「本格的な革靴を購入するまでのつなぎ」的な意味合いが強くはなるのですが、合わせ方などの経験を積むためには悪くない選択だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。