体脂肪率19パーセントでの記録画像です。

筋トレを再開して、約1ヶ月が経過しました。
食事制限(カロリー制限)をしていないため、目を見張るような体重減少は確認できません。・・・むしろ体重は増えています。

それでも12回のトレーニングで約1パーセントの体脂肪率を落とすことができましたので、おおむねスムーズなトレーニング経過だと判断しています。

以下、詳細を報告していきます。

スポンサーリンク

見た目

体脂肪率20パーセントから比較すると、だいぶスッキリしてきました。
もちろん、まだまだ脂肪の多い中年太りであることに変わりはないのですが、カロリー制限をせずにこれだけの変化を得られたことには驚きです。

今更ながら、「ダイエットと体重減少はイコールではない」ということを再確認させられています。

正面からの画像です。

側面からの画像です。

背面からの画像です。

うっすらですが、腹筋を確認できるようになってきました。
「腹筋が割れている」といえるレベルではありませんが、久しぶりに顔を出した自分の腹筋を見てテンションが上がっています。

・・・とはいっても、はっきり腹筋が割れて見えるようになるのは体脂肪率15パーセント前後だと推測しています。まだまだ、先の長い話です。

ちなみに、体脂肪率19パーセントというのは、腹部皮下脂肪がこんなにあります。

紛れもなく、デブです。

詳細データ

詳細データを記録していきます。
記録項目は、体重、体脂肪率、ウエストサイズです。

  • 身長:173cm
  • 体重:72.9kg
  • 体脂肪率:19.2パーセント
  • ウエスト:89cm

体脂肪率とウエストサイズは順調に落ちていますが、体重は確実に増加傾向にあります。これは、カロリー制限をしていないこともあり、除脂肪よりも筋肥大が優位になっているためだと考えられます。

そろそろ、軽いカロリー制限が必要な時期にさしかかっているのかもしれません。

まとめ

以上、体脂肪率19パーセントでの経過報告でした。
「2~3ヶ月かけて1パーセントの体脂肪率を落とせれば成功かな?」と推測していたこともあり、スムーズな変化に驚いています。

摂取カロリーを維持しつつPFCバランスのみを変えている状況ですので、ダイエットに伴う空腹感や倦怠感などとは無縁の生活を送っています。

1ヶ月スパンでカラダの変化を確認できなくなるまでは、現状維持の食事管理を継続していく予定です。トレーニングメニューに関しては2~3ヶ月を目安に変更していく予定ですので、追って報告します。

体脂肪率18パーセントでの記録画像の報告です。 今回、報告記事を書くべきか? ・・・本気で悩みました。 というのも、12月のはじめに背中の怪我をしてしまって以降、「怪我→中