ハイガー製スピンバイク(HG-YX-5006)の評価。自宅での有酸素運動。

ハイガー製スピンバイク(HG-YX-5006)のレビューをします。

2017年12月、スピンバイクを購入しました。
「筋トレをしていれば有酸素運動は必要ない」と主張する人も少なくありませんが、僕なりの結論として「有酸素運動も重要な運動」だと考えています。

特に、僕は田舎暮らしのデスクワーカーです。
意識的に有酸素運動に取り組まなければ、日中の活動量は、驚くほど小さなものとなってしまうのです・・・。

そこで購入するに至ったのが、スピンバイクでした。

スポンサーリンク

外観

お世辞にも、精度の高い製品とはいえません。
販売価格を考えると「妥当なのかな?」とも思うのですが、・・・とにかく雑なつくりなのです。

もちろん、使用上の問題はありません。

それでも、初見では気づきにくいのですが、使用を重ねていくにつれて「微妙にハンドルが曲がっている」「サイクルメーターが使い物にならない」などの不満点が顔を覗かせることになります・・・。

また、サドルやペダルに不満を持つ人は少なくないかと思います。
サドルは長く座っていられるような品質ではありませんし、ペダル形状はトレーニングシューズが必要不可欠なものとなります。

この辺は、個々の使用用途に応じてカスタマイズしていくことになります。

基本スペック

メーカーのホームページに記載されている基本スペックは、以下の通りです。
他のベーシックなスピンバイクと比べると、「小型軽量」であることが特徴になっています。(※その分、耐荷重は少な目です)

  • 本体サイズ:800mm×650mm×990~1100mm
  • 重量:26kg
  • 耐荷重:100kg
  • ホイール重量:8kg

基本スペックに、不満はありません。
小さくまとまっていて、良いコンセプトの製品だと感じています。

使用感

素直な感想としては、非常に満足しています。

購入前には、騒音問題を心配していました。
・・・というのも、使用環境が木造の賃貸住宅であるため、少しでも音が気になるようであれば「使わない(使えない)」ことを覚悟していたためです。

しかし、そんな心配は徒労に終わっています。

スピンバイクから出る音は、負荷調節のフェルトが擦れる「シューーー」という音だけです。衝撃による騒音(響くような騒音)ではないため、(たとえ夜中に使用したとしても)下の階や隣に迷惑をかけることはないはずです。

また、「シューーー」という音は、イヤホンなしでテレビを見れる程度のものです。

「お尻が痛くなる」「ハンドルの微妙なズレが気になる」などの不満な点もありましたが、価格帯を考慮すると・・・心から、「買って良かった」と思えています。

まとめ

ハイガー製スピンバイク(HG-YX-5006)は、それなりに使えます。
低価格で騒音(特に衝撃による響きわたるような音)の心配のないバイクですので、時間を問わず有酸素運動を行うことができます。

スピンバイクであれば、自宅で高強度インターバルトレーニング(HIIT)を実施できることもメリットのひとつだと考えています。

しかし、サドルに関しては要交換です。
それなりのサドルに交換することをおすすめします。

また、とにかく雑なつくり(安定の中国品質?)ですので、愛着を持って長く使っていきたいと考えている人には向かないかもしれません。・・・良くも悪くも、値段相応(約23000円のバイク)だということには覚悟が必要です。