筋トレダイエット戦略室

筋トレダイエットのブログです。一般的な知識(情報)だけでなく、僕自身の体験談なども踏まえて記事を書いていくことを心がけています。論理性に欠ける内容があった場合には、お気軽にご指摘いただければありがたく思います。

「有酸素運動」の記事一覧

体脂肪 落とす 運動

体脂肪を落とす運動。筋トレと有酸素運動のそれぞれの役割について。

体脂肪を落とすためには、運動が必要です。 しかし、運動にはそれぞれに特化した役割がありますので、筋トレだけ、有酸素運動だけではスムーズに体脂肪を落とすことができません・・・。 体脂肪を落とすためには、「分解→燃焼」という […]

有酸素運動が20分以上とされる理由。「分解→燃焼」のメカニズム。

有酸素運動は、糖質と脂肪を半分ずつ消費する運動です。 有酸素運動をはじめると、すぐさま糖質と脂肪が消費されます。 しかし、このタイミングで消費されている脂肪は「すでに血液中を流れている脂肪酸」であり、脂肪細胞内に蓄えられ […]

ウォーキングの消費カロリー。計算することの無意味さに気づくべき。

ウォーキングの消費カロリーは、おおよそ「体重kg×移動距離km」によって導き出すことができます。・・・というか、ウォーキングに限らず、ジョギングやランニングであっても「体重kg×移動距離km」くらいが妥当な値となります。 […]

有酸素運動だけは非効率。スムーズに体脂肪を減らすには筋トレが必要。

有酸素運動だけのダイエットは、非効率です。 有酸素運動は、体脂肪を燃焼する(消費する)運動です。 しかし、有酸素運動だけのダイエットでは、高い確率でダイエットに失敗しますし、例え体重を減らせたとしても簡単にリバウンドして […]

体脂肪を減らすには? 3種類の刺激を過不足なく与えることがポイント。

体脂肪を減らすためには、運動と食事管理が必要です。 食事管理だけでも体重を減らすことはできます。 しかし、運動(特に筋力トレーニング)をしないダイエットでは、体脂肪以上に除脂肪体重(筋肉や骨など)を減らしてしまいます・・ […]

スピンバイクのサドル交換。有酸素運動に集中するためのカスタマイズ。

スピンバイクのサドルを交換しました。 現在、ハイガー製のスピンバイクを使用しています。 おおむね満足はできているのですが、如何せん、お尻が痛いのです・・・。 お尻や股が痛くなるのは、サドルのせいばかりではありません。 も […]

ウォーキングでは痩せないという嘘。過度な期待がもたらす悪い印象。

ウォーキングは、ダイエットに効果的です。 「ウォーキングでは痩せない」と主張する人もいますが、決してそんなことはありませんので、惑わされないようにしてください。 しかし、ダイエットに時間がかかることは事実です。 これは、 […]

有酸素運動にバイクをおすすめする理由。運動強度と関節への負担。

有酸素運動には、バイク(エアロバイク)をおすすめします。 様々な有酸素運動の器具がありますが、ダイエットやボディメイクのために有酸素運動を取り入れるのであれば、断然、バイクが優れています。 運動強度の調節が容易 関節への […]

有酸素運動と筋トレの順番。トレーニング効果は順番で大きく変化。

有酸素運動と筋トレの順番は、「筋トレ→有酸素運動」をおすすめします。 必ずしも「筋トレ→有酸素運動」の順番でなければいけないというわけではありませんが、筋トレを優先させることには多くのメリットがあります。 運動の順番は、 […]

音楽の運動への影響力。トレーニングに対するメリットとデメリット。

音楽には、運動に対する影響力があります。 適切な音楽を選ぶことによって、トレーニング中に感じる苦痛を軽減させることができますし、有酸素運動などでは無意識に運動強度を高めることもできます。 苦痛に対して鈍感になれる 有益な […]

ダイエットに対する緑茶の効果。カフェインとカテキンがポイント。

緑茶には、ダイエット効果があります。 これは、緑茶に含まれているカフェインとカテキン(特にエピガロカテキンガレート)によるものであり、体脂肪減少以外にも様々な健康効果が確認されています。 カフェイン:血中の遊離脂肪酸濃度 […]

有酸素運動で痩せない場合のチェック項目。基本に立ち返ることが吉。

有酸素運動は、唯一、脂肪を燃焼することのできる運動です。 大げさに感じられるかもしれませんが、どんなに運動強度の高いトレーニングをしていたとしても、有酸素運動なしで脂肪が燃焼されることはありません。 「有酸素運動をしなく […]

有酸素運動は筋トレ後。順番によって変化するトレーニング効果。

有酸素運動は、筋トレ後に実施することがポイントです。 筋トレの前に本格的な有酸素運動を実施してしまうと、筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動、どちらのトレーニング効果も不完全なものになってしまいます。 ウォームアップのための […]

ダイエット目的の有酸素運動。心拍数は最大心拍数の79%以下。

ダイエット目的の有酸素運動は、心拍数110~120ほどであることがポイントです。 110以下では(積極的な運動としての)エネルギー消費量が小さすぎますし、120以上になってくると消費されるエネルギー源が「脂肪+糖質→糖質 […]

効果的なダイエット方法。ポイントを外さなければ誰でも成功できる。

ダイエットには、運動とカロリー制限が必要です。 どちらか一方だけでも、体重を減らすことはできます。 しかし、正しいダイエット(体脂肪だけを減らすダイエット)を成功させるためには、運動とカロリー制限を組み合わせることがポイ […]