筋トレダイエット戦略室

筋トレダイエットの「なぜ?」を解決するためのブログです。

「腸内環境」の記事一覧

腸内環境の乱れはイライラの原因に。腸内細菌叢を整えることが大切。

抑えきれないほどのイライラは、腸内環境(腸内フローラ)が乱れていることが原因になっている可能性があります。 特に、理由のないイライラを感じることがあるのであれば注意が必要です。 待てなくなる。 集中力が続かなくなる。 理 […]

腸内環境を整えるダイエット。さほど食べていないのに痩せない原因。

腸内環境が整っていると、ダイエットがスムーズに進みやすくなります。 腸内細菌叢(腸内フローラ)は、脂肪の蓄積や燃焼に対して大きな影響力を持っていることが確認されています。信じられないかもしれませんが、太りやすい腸内細菌叢 […]

おならのメカニズム。臭いや量の違いは腸内細菌叢や食べ物の違い。

おならによって、腸の健康状態をセルフチェックすることができます。 おならの臭いや量は、腸内細菌叢(腸内フローラ)に強く影響を受けます。 臭わないおならは善玉菌が優位になっていることを示し、悪臭を放つおならは悪玉菌が優位に […]

腸内細菌が生み出す水素。活性酸素による酸化(老化)を防ぐ。

腸内細菌叢(腸内フローラ)を整えると、老化を遅らせることができます。 これは、腸内細菌によって生成される水素に、(細胞の老化を加速させてしまう)活性酸素を除去する働きがあるためです。 また、腸内細菌叢を整えることは、細胞 […]

食物繊維の種類(分類)をまとめる。腸内細菌と共生していくために。

食物繊維の定義は、「ヒトの消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体」です。主に、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つに分類することができ、植物性、動物性、人工物の3種類の由来があります。 食物繊維 不溶性食物繊維 […]

短鎖脂肪酸を多く含む食品。食べ物による摂取よりも腸内細菌に頼る。

短鎖脂肪酸は、食酢やバターなどに含まれています。 食酢には酢酸が含まれていますので「エネルギー代謝の向上」が見込めますし、バターには酪酸が含まれていますので「アレルギー反応の抑制」が見込めます。 しかし、短鎖脂肪酸は食品 […]

野菜不足で太るワケ。あまり食べていなくても太ってしまうメカニズム。

野菜不足は、太る原因になります。 太るか痩せるかは、エネルギー収支によって決まります。 摂取エネルギーよりも消費エネルギーが大きければ痩せ、消費エネルギーよりも摂取エネルギーの方が大きければ太ります。 単純な問題のように […]

オリゴ糖の種類は消化性の違い。代表的な少糖類の簡単な分類。

オリゴ糖には多くの種類があります。 そもそもオリゴ糖とは、単糖が2~20個結合したもの(少糖類)であり、それらを総称してオリゴ糖(少ない糖)と呼んでいます。 消化性の違いによる分類は、以下の3通りです。 消化性オリゴ糖 […]